たくましい農民達!

農民

このカテゴリーでは、武士の世界観からではなく、庶民達がどういった暮らしをしていたのかにスポットライトを向けてみようと思います。

戦時下での農民

● 戦が起こると大迷惑な農民 

 戦時下でとばっちりを受ける農民の避難場所。城上り

 農民の賢い非難法。山上り

 戦場の高みの見物。それはお気楽な傍観ではなく農民、百姓のしたたかな計算がある。

● 悪党、傭兵、その姿あり方は様々。でもやっぱり農民には迷惑。 

● 捕虜 人取り競争。それは食う為に農耕と同じように行われていた。

●  日本での略奪や人取りはいつ頃から行われていたのか?

● 農民(民衆)の影響力 

 農民、百姓が形成していた集落は今の私達の社会とそっくりです。

●  農民が繰り広げる抗争、これが国家間戦争のトリガーとなる。

● 戦時下での農民、陣人や夫丸は影の大功労者  

● 植えても、植えても・・・・・  ● 農民の避難と仕返し  ● 落ち武者狩り

● 農民商売するのも命懸け  ● 戦場跡に群がる庶民  ● 農民とは奴隷なのか?

●  農民とは奴隷なのか?2  ●   軍による略奪行為 その餌食となる農民

 行軍中の軍隊。農民は近寄ってはだめ!

 兵隊を兼業していた農民、みんな武士に成りたかったのか?1

 兵隊を兼業していた農民、みんな武士に成りたかったのか?2

●  百姓、農民が戦争被害を避けるために取ったしたたかな方法(半手、半納、風見鶏偏)

 天才秀吉すらも苦悩した、時代の大変換期。現在の私達も似たような時代に居るのかも?

スポンサーリンク

農民


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>