正子公也氏デザイン 上杉謙信。稀代の猛将

人情家?の上杉謙信

軍の編成 組織 役職

正子公也氏デザイン 上杉謙信のフィギュアです。

この方も有名な戦国武将でその生涯は広く知られていると思います。謙信さんに関しては別記事で詳しく紹介してみたいと思っています。大変魅力的な人です。

上杉謙信は当時の戦国武将の中でも特に戦争の回数が多かった人で、生涯戦争に明け暮れた人物でした。しかしこの事実の裏を返すと、戦後処理の厳罰が甘かった為、再び反乱の機会を与えてしまう結果を招いているとうことだ。反乱を指揮をしている将を許してしまうのだ。

でも、こんな所が謙信さんの魅力なのだが、謙信は自分の国内の越後豪族の反乱が起こるたびにあちらこちらを転戦している。謙信は戦が非常に強かった為、謙信が来ると、皆おとなしくなるのだが、謙信が春日山城に帰ると、また発起するという繰り返しだった。ここら辺は好敵手であった、武田信玄と比べると、非常に不器用に思えます。

生涯戦い続け、軍神として現在に名を残す。

謙信は関東管領職についてから、関東の動乱を納めることを掲げ、関東に度々出兵しますが、関東の諸勢力から、かなり嫌われていた。もともと関東管領は名門が付いてきた職で長尾家が関東管領を勤める事に不満を持つ者が絶えなかったのだ。

武田信玄は謙信を関東管領とは認めね!として、謙信と呼ばず常に景虎と呼んでいたそうだ。

さて謙信さんの話に必ず登場するのが、武田信玄です。

現実主義者である信玄は信濃進出事業を進めるなかで、謙信が介入してきた事を、きっと「厄介な奴がでてきたぞ」感じていたと思われます。方や謙信は武田軍と矛を交えて、好敵手に出会えたことをどこか喜んでいる節があるような、イメージがあります。

しかし、この二人の関係やイメージはかなり創作されている事も事実で、実際にはお互いがどう思っていたのかは分かりません。一節には、現実主義者である信玄は武田家繁栄の為かなり強引な事を数々行って来ました。この信玄に対し人情派である謙信はかなり嫌っていたようだとする説もあるようです。

川中島での激闘も終焉に向かうと、関東へ出兵、越中能登の平定戦、織田軍との戦闘と生涯死の床につくまで、戦い続けました。謙信はとにかく戦が強く、謙信が死ぬ頃、織田家に対抗できる勢力はもはや謙信しかいなかった。織田信長は謙信との武力衝突を大変嫌がっていたようで、謙信が大好きな鷹の剥製(はくせい)を送って、謙信のご機嫌を伺っていたようです。

さすがの信長も謙信の戦いっぷりが怖かったのでしょう。

そんな上杉謙信は現在でも代表的な戦国武将として人気がある人物です。そんな謙信さんのお話しとフィギュアの紹介記事でした。

スポンサーリンク

軍の編成 組織 役職