武田勝頼は愚将なのか?武田家を滅亡させた将(最終回)

信長に強い執念を刻み込んだ信玄

軍の編成 組織 役職

当主となった勝頼。組織内にわだかまりが蔓延したまま事をすすめる。勝頼は弱音を吐いては居られない。信玄が死んだ後の武田軍の方向性を早急に決定する必要があった。

武田家を大きくし当主として内側の人間を納得させたかった。きっと焦りや父への嫉妬、自尊心を必死で維持している葛藤等、複雑な感情を秘めた負のエネルギーだったのではないでしょうか。

武田勝頼

スポンサーリンク

前回の記事で信玄の負の遺産の一つ後継者問題を書かせて頂きましたが、今回は外の勢力に残した負の遺産を追って生き、武田軍崩壊までを追って生きたいと思います。

信玄は西上作戦(詳しくは⇒-天下人家康がカルチャーショックを受けた、三方ヶ原の戦い-で)反信長連合に呼応する形で遠江、三河侵攻戦の途中でした。

この地は徳川家康の領国。そして家康の同盟者は織田信長でした。信玄は遠江三河に侵攻する際、別働隊で美濃にも軍を送り岩村城を陥落させています。

この前までは信長と信玄の関係は良好で、岩村城を攻撃したことにより織田信長との関係は最悪のものとなり、信長に武田憎しの憎悪を芽生えさせます。

信玄は信長との関係がこじれても、なんらかの形で信長を処理できるビジョンがあったのでしょう。だからこそ信長との関係がこじれても良しとしたと思われます。

織田信長は過激な面が強調されがちだが、条約や盟約を自らが破るような事はしない男で律儀な男なのだ。しかし一度自分に不義を働いた人間には、過激なまでの弾圧を加えます。

信長は自分の覇業で武田信玄の存在は大変な脅威だった。信玄との武力衝突を避けるため、これでもかとばかりに信玄に低姿勢に気を使い関係を良好にしようと努力してきた。

しかしそれを足蹴にし喧嘩を吹っかけたのは信玄だ。信長のプライドを傷つけた上に信玄の西上作戦は彼を人生最大の窮地に陥れた。

信長の武田家への恨みは根深いものとして心に刻み込まれる。信玄が残した負の遺産がこの信長との修復不可能な怨みではないでしょうか。

 

勝頼始動

信玄は作戦の途上で死亡しました。これにより家康、信長は九死に一生を経た。家康は息を吹き返し武田方に占領された地域を再び傘下に加えていった。

又信長は反信長包囲網の主犯格の足利義昭の追放、浅井朝倉連合の討伐に成功する。

この時点で武田軍の状況は信玄が居た頃よりまずい状況になっていたわけです。

しかし武田勝頼は守勢の人ではなく強気にでた。彼とて武田家が戦力の数、領国の大きさに開きがある織田信長に標的にされているのは百も承知だ。

武田家中のまとまりがない中でのこの勝頼の考への評価は賛否両論だが、管理人個人はこの勝頼の態度には好感を持っています。

勝頼は父以上の領国拡大に乗り出し、織田領の美濃明智城を陥落させる。さらに徳川領遠江に侵攻し高天神城を陥落させ、東遠江をほぼ制圧する。

家康が拠点とする浜松城まで迫る勢いだった。家康は信玄が死んだことにより武田軍に以前の勢いは無いと踏んでいただけに、勝頼の侵攻にはさぞや面を食らったでしょう。家康は父信玄、そして息子の勝頼、親子2代に苦しめられる形となる。

ここまでの勝頼の戦績は素晴らしい。執念といいますか、勝頼のがんばりがひしひし伝わってきます。父信玄が攻めあぐねた高天神城までも陥落させたわけですからね。

でもなにか、勝頼の悲しさのような物も伝わってきます。けっして主として受け入れる事のない人達の為にがんばっているような・・・・

 

たった1度の判断ミスが武田軍崩壊へ

武田軍は連勝。しかし武田軍が抱えている爆弾は連勝という結果に隠れ表面化されなかった。水面化では武田軍は非常にもろい連合隊を成していたのです。

いまにも壊れそうな。勝頼はそれでも突き進むしかなかった。立ち止り弱気になれば、織田徳川連合に一気に飲まれる。それ以前に内から崩壊してしまいそうだらだ。

1575年勝頼は徳川方に離反した奥平家の討伐に乗り出し三河国の長篠城へ向かう。長篠城兵は思っていたより粘り善戦した。

その間に遂に織田信長が本腰を入れ家康の援助に出た。といいより出ざる得なかった。この時の家康は風前の灯だったのだ。勝頼率いる武田軍は父の時同様凄まじい勢いだった。

信長は設楽ヶ原(したらがはら)に到着。しかも信長自身が指揮を取っている。勝頼はこれでタガが外れる。そう信長が出陣してるのだ。

もしここで成長凄まじい信長を討ち取れば大金星だ。しかも自分を批判し続ける者達を黙らせるには格好の人物だ。

重臣達は長篠城攻めの途中での決戦をこぞって反対。対城攻め戦の戦力しか保持していなかった武田軍だけにこのジャッジは正しい。しかし勝頼は聞く耳はもたない、「またおまえらか・・・」といった感じだ。

重臣達の中には勝頼を憎む物もいただろうが、そういった人達だけではない。勝頼そして武田家を想い言葉を発している者達もいたのだ。

この区別がもはや勝頼にはできなかったのでしょう。これまでの戦績を見る限り勝頼は将として立派な戦績を上げている。とても凡人にできることではない。しかしこの戦いは違った。勝頼は信長の首が武田軍の問題をすべてを解決してくれると妄信したのではないでしょうか。

結果皆さんのご存知の通り大敗を喫します。

しかもこの戦いの最中に武田軍の爆弾が爆発します。ついに戦わずに戦線を離脱する者が出たのだ。勝頼は完全に武田家の主として拒絶されたのだ。

完全に表面化した亀裂は戦後も尾を引き修復するのは不可能でした。かろうじて繋がっていた糸はたった一回の判断ミスによって、完全に切れたのだ。武田軍崩壊だ。

その後勝頼は復興に奔走するが、なにもかもうまくいかなかった。信長との関係修復を試みるもうまくいかず、信長は西の最大のストレス武田が弱り始めると彼の憎悪、打倒武田の想いが爆発し、武田領に一気に雪崩れ込みます。こうして勝頼は自刃。

たった37年の人生を終えます。年齢だけ見ると若いですよね。

勝頼は武田家を滅ぼした愚将だといわれれば、それまでかもしれません。ただ甘っちょろい管理人主観では、やはり信玄の突然の死により、事業が棚上げになった事と、家臣達に勝頼を社長とする事を説得しきれなかった事が最後まで影響していたのではないかと思えてなりません。

しかも勝頼にはあまりにも時間が足りなかった。外の状況が勝頼に時間を与えなかった。彼にもう少し将として主として失敗を許容し糧として蓄える事ができる時間と場所があればと思えてなりません。

乱世の世では甘ちょろい主観かもしれませんが、これが管理人主観です。

 

信玄と苦楽を共にした高坂弾正の話

最後に長篠の敗戦の後、勝頼は少ない部隊に守れながら甲斐へ帰国します。しかし甲斐の国境を越える手前に高坂弾正が自分の部隊を引き連れ勝頼を待っていました。

高坂は勝頼が敗軍の将として帰国させることを不憫に思い、新しい甲冑を勝頼に着せ自分の部隊を勝頼に付け、甲斐に帰国させたそうです。

悲しくも暖かい話です。

高坂のように勝頼を思えばこそ厳しい態度にでてしまう、いわゆるお説教タイプの者も沢山いたのだ、勝頼と彼らでもっとうまく歩み寄りやっていけなかったのかな~と思ってしまいますが、組織ってそんな簡単なことじゃないんですよね。

スポンサーリンク

軍の編成 組織 役職