日本人傭兵軍団。海を渡り異国で暴れ回る。

渡海を始める傭兵達

軍の編成 組織 役職

日本の中世期で、盛んに奴隷ビジネス(詳しくは)が行われていたことを別記事でも紹介しましたが、この流れは国内だけの話しではありません。日本は信長が殺され、次に秀吉が台頭し、その次に家康が政権を開くという、目まぐるしい状況変化が起こっていました。

このころ日本の外では、大航海時代でした。スペイン、ポルトガルが物凄い勢いで各国を植民地化していきます。しばらくするとそこに、オランダとイギリスが割って入ってくるわけです。この競争は激化しそのエリアは東南アジアにまで及び、激戦が行われていました。

この影響は当然日本にも流れて行き多くの商人や宣教師達が日本に上陸したことは、皆さんもご存知だと思います。

スペイン・ポルトガル、イギリス・オランダは日本を東南アジア戦争の戦略拠点として使っていたのです。具体的に言うとですね、武器や食糧、人員等を日本で調達していたのです。この頃日本はどこにも肩入れをせず、自由に商売をさせていたようですね。

こういった流れの中で、多くの日本人が外国へ流出していたそうです。当時どの位の数が日本を出ていったのか正確な数は分かりませんが相当数いたようだと言われているそうです。この海を渡る経緯は人それぞれで自らの意思で渡海する者もいれば、商人に買われて労働夫としての者だったり、奴隷であったりと様々だ。

例えば、失業者、商人、追放されたキリシタン、海賊や船乗り、彼らは自ら新たな稼ぎ場を求め海を渡って行った。これ以外にも西欧人に金で買われたり、あるいは雇われたりした者達だ。捕虜や奴隷、傭兵、船乗り、伝道者(伝道師)等と様々であった。

上に書いたが日本はこの頃、秀吉から家康へと時代が流れて行き、戦場を糧にしていた者達の居場所が少なくなっていた頃だった。だが、国外では、イギリス、ポルトガルらが東南アジアで熾烈な激戦を行っていた為そこには、まだまだ大きな需要があったのです。こういった背景があり、多くの日本人が海を渡りアジアに散らばっていきました。

続きを読む