正子公也氏デザイン 直江兼続。イケメンだったらしい。

イケメンだったらしい、直江兼続

軍の編成 組織 役職

正子公也氏デザイン 直江兼続さんです。

兼続さんは、大河ドラマでも取り上げられ知名度は高いみたいで、女性から大人気のようです。美男子だったからなのか?理由はよくわかりませんが。ブサイクぶっちぎりな管理人は嫉妬します。

しかし、やはり名将であったことには、異論を唱える人はいないでしょう。

兼続もかなり裏づけのない創作された話が多い人物です。でも話しが盛られるといことは、それだけ人気が高い証拠でもあります。その逸話の中で、兼続は幼少より聡明で美男であった為謙信より特に可愛がられたという話しがありますが、この謙信と兼続の関係を裏付ける資料は現在の所ないようです。

この兼続さんも別記事で詳しく紹介しようと思っております。今回は軽く兼続さんについて触れたいと思います。

そこで兼続さんの数々の戦の紹介ではなく、管理人が兼続が行ったとても尊敬できる話しを紹介しようと思います。

兼続の名采配!

そのお話しの前に少し逸話を紹介します。今でこそ兼続は名将として認知されていますが、兼続は関ヶ原戦の際、石田三成と通じて、家康を敵に回し上杉家を窮地に陥れた将として、上杉家での彼の評価は決していいものではありませんでした。むしろ奸臣としてその名が知られていたようです。

続きを読む

正子公也氏デザイン 上杉謙信。稀代の猛将

人情家?の上杉謙信

軍の編成 組織 役職

正子公也氏デザイン 上杉謙信のフィギュアです。

この方も有名な戦国武将でその生涯は広く知られていると思います。謙信さんに関しては別記事で詳しく紹介してみたいと思っています。大変魅力的な人です。

上杉謙信は当時の戦国武将の中でも特に戦争の回数が多かった人で、生涯戦争に明け暮れた人物でした。しかしこの事実の裏を返すと、戦後処理の厳罰が甘かった為、再び反乱の機会を与えてしまう結果を招いているとうことだ。反乱を指揮をしている将を許してしまうのだ。

でも、こんな所が謙信さんの魅力なのだが、謙信は自分の国内の越後豪族の反乱が起こるたびにあちらこちらを転戦している。謙信は戦が非常に強かった為、謙信が来ると、皆おとなしくなるのだが、謙信が春日山城に帰ると、また発起するという繰り返しだった。ここら辺は好敵手であった、武田信玄と比べると、非常に不器用に思えます。

生涯戦い続け、軍神として現在に名を残す。

謙信は関東管領職についてから、関東の動乱を納めることを掲げ、関東に度々出兵しますが、関東の諸勢力から、かなり嫌われていた。もともと関東管領は名門が付いてきた職で長尾家が関東管領を勤める事に不満を持つ者が絶えなかったのだ。

武田信玄は謙信を関東管領とは認めね!として、謙信と呼ばず常に景虎と呼んでいたそうだ。

続きを読む

正子公也氏デザイン 伊達政宗。遅刻してきた天才。

遅刻してきた天才!伊達政宗。

軍の編成 組織 役職

正子公也氏デザインのフィギュアシリーズの伊達政宗さんのバージョンです。この政宗は2バージョンあるようで、特別扱いのようです。個人的には、左のバージョンの方が好きかな。

さてこの伊達政宗、特別扱いされるだけあって、人気は抜群で、まさに画になる男といったところでしょうか。上の写真では政宗のふてぶてしい感じが漂っています。

しかし、政宗が戦場で勇士を見せる期間は短いものでした。秀吉の全国平定事業と時期が被ってしまいました。「俺がもう少し、早く生まれていれば・・・」ドラマ、小説等でお決まりの政宗の台詞です。

政宗の半生も今更記事にしなくても、皆さんよくご存知でしょう。かといって何も書かないのも寂しいので、政宗の若かりし頃、まだ無名だった頃の戦いの話を書きます。

伊達政宗VS佐竹義重 人取橋の戦い

時は天正13年 1585年の11月。

伊達政宗は当主になって間もなく、畠山氏の勢力化にある二本松城を包囲した。

しかしここで反伊達連盟が決起する。佐竹義重を盟主とした連合軍が挙兵した。その数3万の大群であった。政宗はこの報告を受けると、自身の1万3千の内半分程を引きつれ、連合軍が陣取る側にある本宮城に入城した。

続きを読む

正子公也氏デザイン 豊臣秀吉。凄い兜だよね。

不思議な男、豊臣秀吉

軍の編成 組織 役職

正子公也氏デザインによる豊臣秀吉のフィギュアです。

しかしスゲー兜被ってますよね~。

秀吉のこの兜は一発で秀吉だと分かる象徴で秀吉の人格をとてもよく表現しているよに思えませんか?秀吉の生涯は皆さんご存知の通り、貧農から異例の出世を遂げた男です。

武田信玄、徳川家康、織田信長、等の沢山の将がいますが、この秀吉はどの人物にも該当しない不思議な魅力を持った男でした。

毛利家の外交を担当していた安国寺 恵瓊は秀吉を「さりとてはの者」と語っています。不思議なとか、切れ者だといった意味でしょう。

この「不思議な」、が秀吉の特徴なのでしょう。他の武家産まれの生粋の武士とは明らかに違う何かが彼の魅力だったようです。

秀吉に会うと、取り込まれる。

秀吉は人を取り込むのに、非常に長けていたようで、出会う人間を自分に協力させるよう誘導しいつの間にか取り込んでしまうのだ。異例の出世を遂げて行く過程でこの秀吉の魅力は協力な武器になった。

数多くの秀吉軍団への勧誘行為の中で、凄いのが、石川数正の引き抜きだ。この石川数正さんは、徳川家康の重臣です。家康が若い頃から苦楽を共にしてきた男で家康からの信頼も厚く、徳川軍の内部事情に精通していて軍の事情を詳しく把握していた。

続きを読む

正子公也氏デザイン 織田信長。 そして、鉄砲と火薬のお話。

正子公也氏デザインによるフィギュア 織田信長

軍の編成 組織 役職

正子公也氏という方をご存知の方は多いと思いますが、素晴らしいイラストレーターです。その方がデザインされた、織田信長です。知らない方はこちらのHPで

このシリーズのフィギュアがかっこいいのです。手が込んでますね。シルエットも素敵です。

さて、この織田信長さん、今更説明するまでも無く彼の生涯については皆さんご存知でしょう。

このフィギュアの信長、鉄砲を担いでポーズを決めていますが、やはり信長といえば、鉄砲を連想させますよね。武田軍を鉄砲隊で粉砕した話は学校でも習うはずです。

しかし、武田軍を鉄砲隊で負かしたとする説明は非常に短絡的で正確ではありません、学校の教科書がこれでいいのか?と腹が立つ管理人ですが、長篠の戦いついてはここでは省きます。また別記事で。

ここで、軽く鉄砲と織田信長とキリスト教について触れたいとおもいます。

織田信長はキリスト教徒になりたかったのか?

鉄砲を日本に持ち込んだのは、ポルトガル人です。(ポルトガル人じゃないとの論説をされている方もいるようです。まあ諸説あるようですね。)

その際多くのキリスト教宣教師達が日本に上陸してきます。日本にキリスト教を広める為の交渉用の道具として、いろいろな物を日本に持ち込みました。(この日本でのキリスト教布教活動には、イエズス会の壮大な計画があり、単なる布教活動ではないのです。これも、また別記事で。)

続きを読む